短時間勝負で行ってきました。

      2018/06/23

今朝の大阪の地震には驚きました。
先週、先々週と大阪にカゴや天秤を送ることが多かったので
お届け先の皆さんに大きな被害がないことを切に願います。

このところ、
台風6号から変わった熱低のおかげで天候も悪い、
ウネリが入ってくる・・・で釣りに行く機会がなかなかありません。

おっ!予報を見ていたら半日ほどですが風もウネリも静かになるタイミングを発見!

周辺のライブカメラでウネリの大きさや方向を確認 (-ω☆)

行けますね(*`・ω・)ゞ

とは言え、朝方から天気が崩れる予報なので、
釣りができたとしても上げ1~2分の午前4時まで・・・

短時間ではありますがサトケンさんも休みを取っていたので一緒に行くことになりました。

サトケンさんは先行していましたがルートに不安があるとのことで駐車場待機。
22時少し前に現着&合流してすぐに釣り場に向かいます。
話ではカゴ師が1名先行中とのこと。

ウネリは若干ありますが、そこまで大きなものではないようです。
風もほぼ無風です。
底荒れもなくいい感じです。

釣座について先行のカゴ師と話をするともう少しで上がるとのこと。
入れ替わりで釣り座を譲ってもらいます。

話をしている間もイサキが何枚か上がります。
ついさっきも体高の高いアジが上がったそうです♪

ならば、先行のカゴ師が温めてくれたポイントのコマセを切らさないように、
いつでも投げれるようにそそくさと準備に入ります。

先行のカゴ師が最後の1投に体高のあるアジが上がります(ノ´▽`)ノ

これは期待大です♪

『これで終わるよ~』と声をかけていただいたのですぐにコマセを打ち込み・・・あっΣ(゚口゚;
軽くバックラです (i|!゜Д゚i|!)
先日バラシて綺麗にしたあとブレーキを調整するの忘れてた (´;ω;`)
そんなこんなで2~3投を無駄にしてしまいました。

ようやく狙いの場所へ着弾。
数秒でウキがスパッ!
合わせると剛徹が根元から曲がります(ノ´▽`)ノ
いきなりあの引きです( ´艸`)
よしよしと思って巻き上げていると、
2度ほど突っ込みをかわした辺りで、急にありえないパワーで走り出しますΣ(゚口゚;
次の瞬間重さが無くなります・・・
そう、ヤツにさらわれてしまいました (´;ω;`)

すぐにハリスを作り直して打ち返しますがここからウキを沈めるのはイサキばかり・・・
しかもここのレギュラーサイズばかりです。
前回前々回のサイズはやはり珍しかったんでしょう。

20㎝以下はお帰りいただき、良型と思われる良い引きの時はサメとバトルしながらなんとかイサキを追加していきます。

しばらくして2度目の良い引きを口切れでバラシ、直後にサトケンさんの竿がイイ感じに引き込まれています!
サメを警戒しつつゴリゴリ巻くと・・・

サトケンさんの『キター!』の雄たけびがww

そこには体高の高いアジがっ♪
やりましたね(ノ´▽`)ノ

これは後に続かないといけません。
同じところへ~と思ったらちょっと右に行きすぎ・・・ (;^_^A
モヤッとウキが沈んだので合わせると、ただ重いだけ・・・
ちょうど海藻帯付近だったのでてっきり切れた海藻が引っ掛かったのかと思って
竿を立てずにゴリゴリ巻いていると途中で横に走りだしました Σ(・o・;)
あれ?魚?
慌てて竿を立ててやり取り開始 (;^_^A

上がってきたのは・・・ずいぶん小振りな体高のあるアジε-(;ーωーA

30㎝あるのかな?

そのころサトケンさんは2枚目を上げてますΣ(゚口゚;

群れが入ってきたかも(ノ´▽`)ノ

サトケンさんと交互に同じ場所へ打ち込みます。

ところがですね・・・
自分がコマセを打った後にサトケンさんが掛けるというマズイパターンに!!

すぐにハリスを短くして対策したんですが、

ここで海の雰囲気が急に変わりました。
波の間隔が早まり、あと30分で干潮を迎えるはずなのに潮位が上がり始めました。

最初は4時までやる予定でしたが
サトケンさんに干潮の2時を目安に、あと30分間だけ体高の高いアジの地合いに集中することを提案しました。

そんな提案をして数分後に波足がさらに速くなり始めました。
『こりゃヤバイかもな・・・』
目の前にあるハナレ根の頭をウネリが越え始めました。

先日ほどではないですが
退路が断たれる危険があるし、自分は5分もあれば撤収できるけど、不慣れなサトケンさんの撤収時間を考慮すると、もうここが潮時と判断。

体高の高いアジの入れ食いに、実際には無い後ろ髪をガッチリ鷲掴みにされながらも急いでサトケンさんに撤収の声をかけます。

15分ほどで撤収準備が整い、車に戻り始めました。
ちょうど、時間的にも干潮一杯で退路の難所も安全に通過することができました。

無事に車に戻り片付け&夜食を食べているときに、ふと隣の浜に目をやると
頭を超えるダンパーが打ち寄せてるではないですかΣ(゚口゚;

いや~あそこで30分粘らなくてよかったですε-(´∀`; )
今回の釣行は天候が悪化に向かう少し前の時間帯だったので最初から厳重に警戒しながらの釣りだったので
わずかな海の変化で撤収を決めて正解でした。
しかも車を走らせてしばらくすると本降りの雨も降りだしたのでよくよくいいタイミングで上がれたと思います。

ちなみに釣果の方ですが・・・実質2時間30分の釣行でした。
駐車場で一息ついたところでサトケンさんのクーラーを盗撮ですww


サトケンさんは2型国産夜光10号を使用していました。

今回の釣行データ

釣果


シマアジ×1匹
イサキ×8匹※20㎝以下はリリーズ

使用タックル

カゴ仕掛け(全遊動セッティング)

竿:ダイワ 剛徹4-53B

リール:Abu Garcia REVO BIGSHOOTER WM60

ウキ:シンプル遠投用LED電気ウキ10号25mm・L羽根

カゴ:3型国産夜光※イレクター夜光塗装ブルー・オモリ1オンス
天秤:シンプル天秤2WAYタイプ・クッションゴム1.5mm30㎝・全遊動で使用
ミチイト:Laiglonフロート6号
ハリス:フロロ 2.5号 3m→2m
東レインターナショナル(TORAY) トヨフロン プレミアム 船ハリス 100m
ハリ:タイガーバリ・黒伊勢尼6号
装飾:フロート・ハードタイプ夜光玉
付けエサ:Gクリル遠投3L・
コマセ:笹勝アミエビ(緑)+刻みオキアミ+夜釣りパワー白

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2
にほんブログ村

マイ・オークションをごらんください
↑↑自作コマセカゴのご購入はこちら↑↑<

2018年釣果集計

アオアジ×6
マアジ×77
ムロアジ×1
メジナ×9
カサゴ×1
ヤリイカ×13
キンメ×26
サビダチ×2
マダイ×6
ゴマサバ×2
マサバ×18
タチウオ×3
イサキ×39
ヒラマサ×1
カンパチ×1
シマアジ×5
ハマフエフキ×1

 - 2型コマセカゴ, 3型コマセカゴ, イサキ, シマアジ, マアジ, 地磯, 釣果情報