この時期のタチウオは脂ノリノリです(๑´ڡ`๑)

   

一時、ヤリイカ爆の情報が入った西伊豆ですが祭りの期間は短期間で終了してしまったようです。
次のチャンスはもう少し先かな・・・
それに引き替え今シーズンの東側は絶好調のようですね。

さて、確率の低いヤリイカを狙うよりシラスが湧いてそれを追ってるタチウオを狙いに行ってみましょうか。
状況からして遠投タチウオ仕掛けよりもタチフカセの方が分があると判断。
エサは・・・去年買って一度軽く解凍したものを再冷凍したキビナゴです (;^_^A

釣り場に着くと水面を無数のシラスが湧いているではないですかΣ(゚口゚;
常夜灯などなくても結構な数が湧いています。

時折何かがボイルしています。
よ~く目を凝らしてみているとどうやらタチウオのようです。

早速準備してエサを付けようとしたのですが・・・
普段はがまかつのケン付きタチウオ#2.0を多用しています。
できるだけキビナゴのエサ持ちが良いように&キビナゴの身の真ん中に針先が出るように下の図のようなエサの付け方をしています。

ところが・・・この付け方は新鮮なキビナゴなら問題ないのですが、再冷凍の鮮度の低いキビナゴでやると身がグズグスになってしまうのです (´;ω;`)

仕方がないので針を軸が短いタイプの中では抜群に掛かりが良いハヤブサの速掛タチウオ6号に変えて
エサ持ちを良くするためにハリをキビナゴの目から通してエラに掛けるようにしました。

さっそく仕掛けを投入すると1投目からウキがモゾゾ~っと入ります♪
ところが食わせの間を取る間もなく (;^_^A
ウキが浮いてしまいます・・・
回収するとエサがありません(´・ω・|||)
3投連続でエサが取られます。

・・・もしかして『数は釣れるけどF3前後のサイズが小さ目が多い・・・』との情報だったので
エサの付け方をキビナゴの胴にチョン掛けにしました。

すると流し始めてすぐに勢いよくウキが水中に消し込み、ホリデイ磯2-45が満月になります(ノ´▽`)ノ
食わせの間を取ることなくガッツリ針掛かりしています♪

今日のパターンが何となく見えてきましたね( ´艸`)
ここからは飽きない程度に楽しめてビニール袋もそこそこ一杯になったのと東の風に変わってかなり寒くなったので日付が変わる直前に撤収しました。

今回の釣行データ

釣果


・タチウオF2.5~F3×11

使用タックル

タチフカセ


竿:シマノ:ホリデイ磯R2-450
リール:アルテグラC3000
ウキ:中通し電気ウキ1号
ミチイト:PE1号
ハリス:ゴーセンソフトワイヤー 60㎝
ハリ:ハヤブサ 速掛太刀魚6号
装飾:ルミコ 喰ワセ太刀魚
付けエサ:キビナゴ

釣ったタチウオを捌いてみると腹の中はシラスだらけでした。

シラスを追って湧いてるうちはカマスの仕掛けのようなライトな物かアジングタックルを流用してシラスパターンで攻めても面白いかもしれませんね。

そうそう、血抜きを忘れた個体としっかり血抜きをした個体を比較してみました。

どっちがどっちかわかりますか?

画像の上側が血抜き無、下側が血抜き有です。
身の色が明らかに違いますね。
美味しくいただくにはきちんと血抜きして持って帰ったほうが良さそうですね。

Webからお問い合わせいただいたお客様へお知らせ

ホームページのお問い合わせページからお見積もり依頼やご注文、お問い合わせを頂いたお客様で
48時間経っても返信が無い場合は再度ご連絡いただくか、迷惑メールのフォルダに振り分けられていないか受信設定をご確認ください。
また、スマホやタブレットのメアドからお問い合わせの場合、viva_hobby@yahoo.co.jpを受信できるようフィルター設定をお願い致します。

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2
にほんブログ村

↑↑ヤフオク自作コマセカゴのご購入はこちら↑↑
直接購入でしたらお問い合わせからお見積もり依頼をお願いしますm(_ _)m

2019年釣果集計

マアジ×7
イサキ×7
ゴマサバ×8
タチウオ×11
マダイ×2
メイチダイ×1

 - タチウオ, 堤防, 投稿記事一覧, 釣果情報