2か月ぶりの南伊豆です~(ノ´▽`)ノ

      2020/08/01

久しぶりに仕事を午前中で切り上げて、午後から南伊豆へずぅさんと行ってきました。
今週は潮周りが悪く、庶民アジ狙いの釣り場に入れないのでひとまず何でも狙える安定の釣り場を選択しました。

平日ならガラ空きかと思いきや
支度を終え出発しようとしたら3人組の釣り師も到着・・・
いそいそと準備を始めていました。

ポイントにつくと地味にウネリがあり
手前の潮がグズグズしていますが這い上がることはなさそうです。

ずぅさんは足場の高い高台ポイントへ
自分はいわゆる定番の釣り座に入りました。

今日はウネリもあるのでウキの余浮力はできるだけ残さないようにします。
そうすることでウネリの頂点でウキが水没することでカゴの上下動をできるだけ少なくします。
ウネっているとハリスも揉まれてしまうので、
ハリも重いものを使うか、なければ貝殻ビーズを使ってハリスが安定して真直ぐになるようにします。

コマセですが、自分の場合狙うものにもよりますが昼間のコマセはオキアミ+配合飼料かアミエビとオキアミを混ぜたもの+配合飼料を使います。
メジナなんかも出る可能性があるので警戒されにくい3型クリア+イレクターグレーをチョイス。
ウキ10号に対してオモリは1.5オンス
カゴの穴位置は最初のうちはコマセをどんどん撒いてエサ取りの様子を確認したいのでオキアミ穴位置にして様子を見ます。
コマセは刻みオキアミに磯マダイホワイトⅡです。完全に真っ暗になるまで3時間ぐらいあるので500gのオキアミを配合飼料でカサ増しすればちょうどピッタリぐらいです。

1投目
ウキがなじんでしばらくするとウネリにウキが消えていきます・・・
そしてフリーにしてるラインがパタパタパタッ・・・っ!
合わせると良い感じでたたいてるではないですか( ´艸`)
時々かなりの勢いで突っ込みます。

タモのスタンバイをしながら慎重に寄せてサラシの中から現れたのは・・・

あ・赤くねーΣ(´Д`ll
ほぼマックスサイズのメイチダイです。
そうそう、ちなみにメイチダイの目を傷つけると臭いというのは迷信です。
過去に試してみたのですが特徴的な臭いは感じませんでした。

期待させやがって・・・
ひとまず腹パンパンで血抜きの時にフエダイ臭があまり感じなかったので期待してみましょう。

ハリスを点検して2投目
隣の磯場で釣り始めたずぅさんの仕掛けを遠目にチェックしてよそ見をしていると・・・
フリーにしていたラインがバチバチっ!と勢いよく出ていきます♪

合わせるとメイチとは違う重みのある引き( ´艸`)
反転するときにフッと軽くなる独特の引きは・・・

高級アジキター(ノ´▽`)ノ

ただ、ハリスが3ヒロと長い上にウネリの中で一人のタモ入れでだいぶ手こずりました (;^_^A
高級アジがいるならば1秒でも早く手返しをしないといけません。
コマセの切れ目は縁の切れ目・・・
仲間がいれば交互に同じところへ打ち返せばよいのですが一人の時は手返しの速さ重要になります。

回遊魚を足止めすると言えば一度にたくさんのコマセを撒くと言われる方も多いと思いますが実は一概に正解とは言えません。
次回の記事で一度にたくさんコマセを撒くことの弊害(魚が早くお腹がいっぱいになるとは別の話です)について触れてみたいと思います。

う~ん、ウネリでタモ入れがもたつくのでブッコ抜いて口切れで1ポロリ

ここで面倒になりハリスを2ヒロまで詰めたのですが・・・
まだ明るいのに2連続イサキになってしまいましたε-(;ーωーA
慌てて3ヒロに戻したところ来ましたよ~♪
3度目のヒットは悩んでやっぱりタモ入れ (;^_^A

4度目はタモ入れの前に波にもまれて口切れ (´;ω;`)
5度目は今日一の引きでやり取りするもハエ根に潜られあえなく撃沈Σ(´Д`ll

結局5打数2安打3バラシ・・・竿が固いってこともありましたが課題が多いですね (;^_^A

完全に暗くなってからコマセをアミエビ+磯マダイホワイトⅡに変更します。
3型クリアの穴位置はアミコマセの穴位置です。※オキアミをパラパラ撒く場合もこの穴位置です。

しばらくは3型クリア+重い針(がまかつオキアミマダイ9号)で様子を見て一発を期待しますが
イサキ一色になってきたので3型国産夜光+夜光玉+金丸セイゴ14号に変更します。
なぜ針をいつも通りカラーチヌにしなかったのかというと・・・

サメですΣ(´Д`ll

足元に居座っていて回収するイサキを狙ってきます。
ハリがいくつあっても足りません。

こうなるとウキが沈んでから鬼合わせの超高速巻で回収するしか方法がありません。
リールはスピニングかWM60・toro60・エランのスーパーワイドパワーのようなハイギアタイプでないとまともに回収できません。
5.3:1や6.3:1ではとてもじゃないですがサメのエサを増やすだけになってしまいます (;^_^A

いつもなら海面に出してしまえばほとんど襲われないのですが
今回のサメは足元の浅くなってるところまで乗り上げてくるので水面から魚が出るまで気が抜けません (;^_^A

高級アジの夜の回遊を待つ間はイサキの入れ食いが続きます。
25㎝以下はオールリリース25㎝あっても超高速回収の時に耐えられず目が飛び出してしまったものだけキープします (;^_^A

23時にコマセが尽きたのでずぅさんに終わる旨を伝えに声をかけに行ったところ・・・
あれ?高級アジが釣れてるじゃないですかっw
コマセをひとつかみ貰って磯マダイホワイトで倍にして急いで釣りを続けましたが
その後はイサキしか釣れず・・・24時になったので潔く終了ですw

いや~今回はいつものイサキマンションがサメのせいで狙えなかったのが幸いして
高級アジの居場所を見つけることができました♪
ですが本来ならもう春シーズンは終了してる時期なのに変ですね。
さて、次回はいよいよ良型庶民アジを狙っていきましょうか(ノ´▽`)ノ

そうそう、今回付けエサに使った【はなまるオキアミ】は上州屋沼津店で購入したのですが
Gクリルより自然な体色で硬さも変に硬くなくてなかなか良かったですよ。

今回の釣行データ

釣行時間&潮位&水温24.4℃

釣果


使用タックル

カゴ仕掛け(固定式セッティング)

竿:がまかつ カゴスベ3-52B
リール:ABU Revo BigShooter WM60
ウキ:シンプル遠投用LED電気ウキM羽根Φ25mm10号

カゴ:3型クリア+イレクターグレー塗装+1.5オンス
3型国産夜光+イレクター夜光塗装+1.5オンス
天秤:シンプル天秤2WAY+クッションゴムΦ1.5㎜×30㎝
ミチイト:Laiglon 7号
ハリス:フロロ4号4.5m→3m
東レインターナショナル(TORAY) トヨフロン プレミアム 船ハリス 100m
ハリ:がまかつオキアミ真鯛王9号→タイガー針金丸セイゴ14号
装飾:硬質夜光玉S
付けエサ:はなまるオキアミLL
コマセ:刻みオキアミ+磯マダイホワイトⅡ→アミエビ+磯マダイホワイトⅡ

Webからお問い合わせいただいたお客様へお知らせ

ホームページのお問い合わせページからお見積もり依頼やご注文、お問い合わせを頂いたお客様で
48時間経っても返信が無い場合は再度ご連絡いただくか、迷惑メールのフォルダに振り分けられていないか受信設定をご確認ください。
また、スマホやタブレットのメアドからお問い合わせの場合、viva_hobby@yahoo.co.jpを受信できるようフィルター設定をお願い致します。

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2
にほんブログ村

↑↑ヤフオク自作コマセカゴのご購入はこちら↑↑
直接購入でしたらお問い合わせからお見積もり依頼をお願いしますm(_ _)m

 - 3型コマセカゴ, イサキ, ゴマサバ, シマアジ, メイチダイ, 地磯, 釣果情報