海況によって仕掛けをコントロールできる3型カゴ

   

本格的にイサキが始まる前に恒例のサバ祭り会場に足を運んできました。
大好評のオリーブオイル漬け&醤油干しの材料になるのでわが家では貴重な保存食です。

今回はK藤さんと2人で行ってきました。
前半はメジナ・イサキを狙いつつ、後半はサバ確保の予定です。

K藤さんは当初反転カゴを試す予定でしたが・・・

土壇場で迷いが生じ、軽めのステン一発カゴに変更してきました。
果たしてこれが吉と出るか凶と出るか・・・

自分も最初は反転カゴを使う予定でしたが釣り座が予想以上の向かい風でした。

しかもK藤さんの入った浅く長く伸びた根から一気に深場に落ちる釣り座ではなく、
割と最初から水深が深めの釣り座に入ったため作戦を変更です。

海面は風でかなりザブザブしてるので棚を深めにしてカゴを安定させる作戦です。
となると反転カゴではなく3型クリア+イレクターグレー塗装を選択。
ウキは10号負荷のものを使用しますが、風が強かったので風の影響を避けるためにウキを沈めぎみにします。そのためオモリは1.5オンス(約12号)を装着します。
アタリが解りにくくなりますが、そこはラインでアタリを取るようにします。

画像の時間帯は風も収まって海面が穏やかになっていますが状況は概ね同じでした。
右に流れる本流に対して手前の海面がザワザワとしてるのが解りますでしょうか?

そのアタリに本流から離れて手前に戻る流れを発見!
良い具合によどんでいます♪

『遠投』両軸カゴ釣りにはあるまじき飛距離ですがww
丁寧に仕掛けを流します。

2投目・・・シモッたウキが出てきません。
クラッチは切ったまま指でテンションをかけてラインは若干張り気味にしています。
こういったラインコントロールをするときに両軸タックルは非常にさばきやすく快適です。

しばらくするとスルスルッと勢いよくラインが出ていき、穂先が絞り込まれます(ノ´▽`)ノ

まずは幸先良く良く肥えた良型イサキをゲットです♪

すかさず打ち返すと・・・
今度は同じくらいのクチブトがかかります♪

これにはさすがにK藤さんも焦りを感じているようですw
そしてまたラインが走ります♪
なかなか重量感のある引きです。


おおっ!40㎝越えは小学生の時に川奈の地磯で釣った以来かもしれません (;^_^A
それにしても良く肥えた魚体です。

イサキは大型の個体から釣られてしまいますから、それだけ場荒れをしていない証拠です。

いよいよ、K藤さんもステンの一発カゴを止めブラックロケットのオリジナルカゴに変更しています( ´艸`)

↑このカゴのブラックタイプ

カゴを変更してしばらくすると・・・

あら?
何気にでかいじゃないですかΣ(゚口゚;
上がってきたときはやけに白かったのでズミかと思いましたw

今日は沈めてからドカッと撒くより完全にロケットタイプに有利な海況だったようですね。

※自分がステン一発カゴやイレクタータイプのカゴをほとんど使わない理由は
一発カゴタイプで釣れる状況ならロケットカゴでも釣れますが、
ロケットカゴは釣れるのに一発カゴでは釣れないという今回のようなシチュエーションが割と多いからです。

それにコマセをドカッと撒きたい状況はK藤さんのように水面からコマセを利かせる場合が多いので
手間がかかる(または高額)ステンカゴよりもナイロン網カゴの方が水切れもいいしコスパも最高です。
離島の場合、地元の人がナイロンカゴを多く使う理由もわかる気がします。

イレクタータイプはやはり形状から大遠投するにはこの形が一番だと思いますが・・・
大遠投が必要な釣りをほとんどやらないのと上記の理由から
タチウオ釣りの切り身エサを使うときぐらいしか自分の釣りの中で出番がないのです (;^_^A

フカセ釣りとはまた一味違うアプローチで上物を狙うカゴ釣りは面白いですね。
潮を見て地形を予習してどこで食ってくるのか予想してその通りに魚が出てくると本当に楽しいです。

このあとメジナを1枚追加してからは恒例のサバ祭りです。

この時期のこのエリアのサバは昨年も悩まされたのですが
『バラシ』が非常に多いです。
対策として食い込んでからかなり待ってから合わせたり
ハリを大きくしたり、ハリスを短くしたり、棚を浅くしたりと手を変え品を変え試したのですが

結果、バラシが多い時はハリスを短くしていくのが定石ですがあえて長めの2ヒロにしてみたところ
短いハリスでハリを大きくするよりは格段にキャッチ率が高くなりました。

持ち帰りのサバは必要な分だけにしました。
釣ろうと思えばいくらでも釣れる状況です。

今回もオキアミにグリセリンを使用しました。
お蔭で手の荒れもなく快適に釣りができました!

今回の釣行データ

釣行時間&潮位

釣果


使用タックル

カゴ仕掛け(遊動式セッティング)

竿:ダイワ 剛徹4-53B
リール:ABU Revo BigShooter WM60
ウキ:シンプル遠投用LED電気ウキM羽根Φ25mm10号

カゴ:明るいうちは3型クリア+イレクターグレー塗装+1.5オンス
暗くなってからは3型国産夜光+イレクター夜光塗装+1.5オンス→1オンス

天秤:シンプル天秤2WAYタイプ・クッションゴム1.5mm30㎝
ミチイト:Laiglon 7号
ハリス:明るいうちフロロ3号4m
暗くなってからはフロロ4号3m
東レインターナショナル(TORAY) トヨフロン プレミアム 船ハリス 100m
ハリ:明るいうちはタイガーバリ赤丸セイゴ14号
暗くなってからはササメ針カラーチヌ夜光2号
装飾:暗くなってから硬質夜光玉S
付けエサ:GクリルLL
コマセ:明るいうちはオキアミ(刻み)+夜釣りパワー白+アジパワー
暗くなってからはアミエビ+刻みオキアミ+夜釣りパワー白+アジパワー

Webからお問い合わせいただいたお客様へお知らせ

ホームページのお問い合わせページからお見積もり依頼やご注文、お問い合わせを頂いたお客様で
48時間経っても返信が無い場合は再度ご連絡いただくか、迷惑メールのフォルダに振り分けられていないか受信設定をご確認ください。
また、スマホやタブレットのメアドからお問い合わせの場合、viva_hobby@yahoo.co.jpを受信できるようフィルター設定をお願い致します。

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2
にほんブログ村

↑↑ヤフオク自作コマセカゴのご購入はこちら↑↑
直接購入でしたらお問い合わせからお見積もり依頼をお願いしますm(_ _)m

 - 3型コマセカゴ, イサキ, ゴマサバ, メジナ, 地磯, 投稿記事一覧, 釣果情報