シンプルLED電気ウキの余浮力のお話

   

世の中にはカッコいい非常に手の込んだ遠投カゴ釣り用のウキがたくさんある中で
自分が作るウキは特に変哲もないシンプルLED電気ウキですが、有り難いことにお問い合わせも多くいただいております。

時折、ご質問を頂くのでまとめてご紹介したいと思います。

〇全体を削って形をもっとスマートにしたものは作ってもらえますか?
申し訳ありません・・・実釣中に発泡体が水分を吸って浮力が変わってしまわないように、できるだけ削る部分は最小限にしたいと思っております。
削る部分が少ないおかげで3日間の連続釣行でもほとんど浮力が変わることなく通しで使うこともできます。

〇昼間専用のウキを作ってもらえますか?
申し訳ありません・・・できるだけ昼夜両用のウキにすることで釣行の際の荷物を減らすことがコンセプトなため昼間専用の羽根の部材を揃えておりません。

〇ウキの太さがΦ30mm・Φ25mm・Φ20mmとありますが、やはり細い方が感度は良いですか?
おおざっぱに言ってしまえば細い方が感度が良いですが、これは港湾内などウネリの影響が少ない場所や12号以下の比較的軽い仕掛けを使う際に当てはまります。
アジ狙いにはとてもいい働きをしてくれます。

Φ20mmの設定は12号までしかありませんが、これで15号を作るとかなり長いウキになってしまいます。
あまり長いとウネリの影響をもろに受けて不安定な動きになって感度どころではなくなってしまいます。
ウネリがあるときはΦ30mmで短いボディの方が安定してアタリが取り易いことがあります。
それにあまり長いと収納にも困りますしね。

〇ウキの余浮力設定はたとえばカゴ10号→ウキ10号で良いですか?
基本的にはカゴ10号→ウキ10号で合うようにしています。実釣時に多少のウネリでも見やすい設定(静止状態で羽根下3~4㎝程)になっています。
画像で使ってるウキは自分用なので塗装はマスキングなしの適当です。なので下処理してないところが剥がれて汚いのはご了承ください。


たとえば強風などで出来るだけ風の影響を受けたくない時には・・・

2型の場合は12号のウキに2型15号を使うと丁度羽根だけ出る感じになります。
10号のウキなら2型12号のカゴという感じです。

自分が磯のカゴ釣りでよく使う設定の3型に1オンス(約8号)にウキ10号ですが・・・そのままだとちょっと喫水が高いです。

ですがこれなら多少距離があってもウキの傾きが観察しやすく、潮と風の向きが確認しやすいので良く使っている組み合わせです。

それでもどうしても風が強くてウキが流されてしまう場合は仕掛けやウキ類はそのままでオモリだけ1・5オンスに交換すると・・・
ほぼ羽根だけ出るようになります。※画像は上記の2型15号+ウキ12号の流用

ただし、気を付けないといけないのが水面が静止した状態で羽根しか出ていない余浮力ですと実釣ではウキが海面から出たり入ったりとウキの動きに慣れないとアタリが取りずらいかもしれません。
そんな時はラインや穂先でアタリを取るテクニカルな操作が必要になります。

Webからお問い合わせいただいたお客様へお知らせ

ホームページのお問い合わせページからお見積もり依頼やご注文、お問い合わせを頂いたお客様で
48時間経っても返信が無い場合は再度ご連絡いただくか、迷惑メールのフォルダに振り分けられていないか受信設定をご確認ください。
また、スマホやタブレットのメアドからお問い合わせの場合、viva_hobby@yahoo.co.jpを受信できるようフィルター設定をお願い致します。

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2
にほんブログ村

↑↑ヤフオク自作コマセカゴのご購入はこちら↑↑
直接購入でしたらお問い合わせからお見積もり依頼をお願いしますm(_ _)m

 - NEWS, カゴ釣り・その他の釣りのノウハウ, 投稿記事一覧