西伊豆堤防で癒されてきましたε~( ̄、 ̄)

      2018/03/01

当初は横根へ渡船予定でしたが・・・

水温が高く、足元にサメがウヨウヨで釣れても小型のイサキばかりと
渡船で渡って小さいイサキがお土産では面白くないということで今回はゆーきさんサトケンさんの3人で午後からの半夜釣りに行ってきました。

少し遅い出発ですが、平日のおかげか貸切です♪

日差しは暑いですが、風は確実に秋が進んでますね・・・って
振り返るとそこにはチューリップハット風の麦わら帽子にTシャツ・トランクス姿のゆーきさんがっ!!
なかなかの強者ですなw

さて、のんびり釣りを開始するといち早く仕掛けを投入したゆーきさんのウキが沈みます。
上がってきたのはメイチダイです (・o・)

続いて上がってきたのは30㎝程のチビソウダ・・・おっでもヒラですね。

さて、こちらも3型ケイムラに1.5オンス(12号)をセットして釣り開始です。
開始早々ウキが沈みますが掛かってくるのはどの棚にしてもチビヒラソウダばかりです。

しかも数投目のキャストで何の手ごたえもなく高切れΣ(´Д`ll
ウキ止めより上で切れたため、仕掛けは馴染んだ状態で漂ってます。
準備途中だったサトケンさんがすぐさまレスキューを装着して2投目にこれは獲れたでしょうというベストなラインに着水しました。
巻き上げを開始してウキまであと2~3mをそのまま真直ぐくれば難なくゲット・・・んっ?
ウキが『スポッ!』と消し込みましたΣ(゚口゚;
ふ~まったくなんてオチでしょう・・・
デッドストックになってた某釣具店のオリジナルラインが勿体ないので今回巻いたのですが、やっぱり封印することにしました。
元々沈みすぎで堤防以外では使えなくてこのところめっきり使ってなかったんですよε~( ̄、 ̄;)

少し日が傾き始めたころ、チビヒラではない青物の引きをするアタリ♪
正体は小ぶりのゴマサバです。
痩せてますね・・・
前回は軽く40㎝を越えてましたが一回り小さく痩せてますil||li _| ̄|〇 il||li
しかも入れ食いです。
とりあえず少しでも大きいものを選んで少しだけキープします。

さて、時刻は17時30分を回ります。
仕掛けを夜の仕掛けに変更します。
今夜は新月の大潮最終日、ひとまず3型国産夜光に1オンス(8号)をセットします。
ウキもΦ20mm10号で余浮力少な目の軽いウキにします。
ハリスは少し長めで、ハリはインブライトに夜光玉で高活性仕様でスタートします。

日が落ちるとサバは静かになりました。
すると・・・一投目からアタリます (人・∀・)
でも、イサキより軽い感じのアタリでウキが浮いてしまいます。
仕掛けを回収するとハリスがスパッと・・・

もしかして・・・サビ

ひとまず、これ以上被害は出したくないのでインブライトをやめ、NS黒伊勢尼8号の軽量&ナチュラル系に変更してほんのわずかにアピールするために夜光パイプを2mmにカットしたものを装飾でつけました。
ハリを結びなおして一投目、少し流してからのウキがス~ッと引き込まれます♪
合わせると小気味良いイサキの引きが伝わってきます。
そこそこ引いてるので35㎝位は行けるのではないでしょうか?

そろそろウキが浮いてくる頃、いきなりビッグシューターのドラグがギュンギュン引き出されます!Σ(゚口゚;
『ええっ!?』
元々ドラグは緩め設定ですが、慌てて絞めても止まりません (i|!゜Д゚i|!)
竿は満月・・・グングンっ!と頭を振ってます。
あれ?不意に軽くなりましたが何かついてる重さはまだあります。

上げてみると・・・

そうか・・・奴はここにも居るんだ
ならば仕方ない、居るなりの釣り方に変更です(*`・ω・)ゞ

ここからは引きを楽しむ余裕はありません。
アタリはほぼ毎投あります。
ウキが入ったら間髪入れずに鬼アワセからのゴリ巻ですっ!

お・お・重いΣ(´Д`ll

下田や南伊豆の小ぶりなイサキとは段違いに
浮かせるまでが一苦労です。

ですが、サメ自体もそこまで活性が高くないようです。
のんびりまかなければ、ほとんどバラすことなく釣り上げることができます。

今度はゆーきさんが『イサキの引きじゃないですよっ』っと竿がひん曲がってます(ノ´▽`)ノ
サメに襲われていはいけないので必死でゴリ巻しています。
上がってきたのはなんと40㎝UpのカンパチじゃないですかΣ(゚口゚;
完全に暗くなっているのに釣れるもんですね~

そんなこんなで19時30分ごろまで入れ食いを堪能。
食いが止ってきたので夕飯をとることに・・・。

この時、『食いが止ったときは逆のことをしてみるのも一つの手段ですよ』とお二人に声をかけました。
今までみんなで国産夜光を使っていましたが、さっそくゆーきさんはすべての夜光パーツを外して
直後にそれまで沈黙していたのにウキがス~ッと海に引き込まれます。
そこからどうしたことか、ゆーきさんの釣座の目の前にイサキの群れがいるようで
ここからゆーきさんの怒涛の追い上げが始まりますw

終了間際にまた食いが立ち、終了時間を少し延長して
最後の1時間、マダイをねらっっていたサトケンさんも良型イサキをしっかりキープしてもらい
お二人とも楽しんでいただけたようですε-(´∀`; )

3人とも翌日は仕事・・・
前日からの長丁場の釣行をしているお二人はこれから長距離の帰宅・・・
くれぐれも気を付けてくださいね (;^_^A

あっ!・・・いけない
カゴと一緒に画像を撮るのを忘れてました∑(゚∇゚|||)
すでに
イサキは漬けに

ヒラは1匹だけお刺身で残りはサバと一緒に鶏さんのエサ用に魚粉に加工しました。

イトフエフキダイは嫁さんが好きな塩焼きに
タマンの小さいのかと思ったら背鰭第2棘が長いことからイトフエフキダイと同定しました。小型と言われてる本種ですが25㎝というと最大の部類に入るようです。

そしてゆーきさんのカンパチをパシャっ!

今回の釣行データ

釣果



20リットルのクーラーだとイサキが良型なのであっという間に一杯です (;^_^A

イサキ30-38㎝×11.5匹※サメに2匹やられました。
ゴマサバ30-35㎝×2匹※いくらでも釣れます。
ヒラソウダ30-35㎝×3匹※いくらでも釣れます。
イトヒキフエダイ25㎝×1匹

使用タックル

カゴ仕掛け

竿:ダイワ 剛徹4-53B

リール:Abu Garcia REVO BIGSHOOTER WM60

ウキ:自作シンプルLEDウキ12号羽根Lサイズ・自作シンプルLEDウキ10号羽根Mサイズ

カゴ:昼3型ケイムラ(オモリ1.5オンス約12号)夜3型国産夜光※イレクター夜光仕様(オモリ1オンス約8号)→3型ブラック(オモリ1オンス約8号)
天秤:シンプル天秤2WAYタイプ・クッションゴム1.5mm30㎝
ハリス:フロロ4号6m→3m
東レインターナショナル(TORAY) トヨフロン プレミアム 船ハリス 100m
ハリ:丸セイゴ金14号→インブライト8号→黒伊勢尼8号
装飾:夜光玉有→夜光チューブ2mm→装飾なし
付けエサ:LLブロックオキアミ
コマセ:日中・オキアミクラッシュ→夜・アミエビ+オキアミ(クラッシュ)+夜釣りパワー

Webからお問い合わせいただいたお客様へお知らせ

ホームページのお問い合わせページからお見積もり依頼やご注文、お問い合わせを頂いたお客様で
48時間経っても返信が無い場合は再度ご連絡いただくか、迷惑メールのフォルダに振り分けられていないか受信設定をご確認ください。
また、スマホやタブレットのメアドからお問い合わせの場合、viva_hobby@yahoo.co.jpを受信できるようフィルター設定をお願い致します。

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2

 - 3型コマセカゴ, イサキ, サバ, 堤防, 投稿記事一覧, 自作カゴの便利な使い方, 釣果情報, 青物