ぬぬぬ~リベンジならずでした (´;ω;`)

      2018/03/01

同日、昼間はゆーきさんぱかぱかさんがイナダ祭りを堪能していたようですね。
そのおこぼれを頂くはずだったんですが・・・Σ(´Д`ll

今日は仕事が押せ押せでなかなか出発できません。
結局出発したのが17時過ぎ~現着は19時過ぎでした。
Kさんとずぅさんが、先行して現着しています。

今回は先週のリベンジがまずは任務です。
いろいろと策は練ってきたのですが、これが吉と出るか、はたまた愚策で終わるのか
仕事でヘトヘトの身体も釣り場に向かうとなれば元気いっぱいですw

先週に比べてだいぶ気温が低くなりましたね。
汲んだ海水も先週に比べて明らかに冷たくなっています。
水温の方もここ数日、急に落ちたので西伊豆のイナダ祭りもこの影響を受けているのではないでしょうか。

とはいえ、先週悔しい思いをした高級なアジはぜひともリベンジしないといけませんね。
そのために、今回はいくつか策を練ってきたわけですが・・・

はたして効果のほどは~

さて、期待して実釣開始です。

今回の釣座は先週Kさんが高級アジを連発した場所を譲ってもらいました( ´艸`)
事前に予習した感じだと、この位置から投げると根の上ではなく砂地から根の際になるようです。

コマセも今回は最初からオキアミのザク切り配合で作ります。
カゴはいつも通り、3型国産夜光に1オンスでハリスは2ヒロ、スタートはインブライト11号に夜光玉です。

・・・が、今回の夜光玉はフロートタイプの少し大きめにしました。

インブライトがかなり重いので潮の流れの無いこの状況でコマセよりも先に沈んでしまうのを避けるために大きめのフロートタイプでハリの重さを相殺するようにします。

数投したところでウキがスッと入ります♪
夜釣りの電気ウキが海に引き込まれるのっていつ見てもワクワクしますね。

続いて隣のKさんのウキも入ります。
今夜も安定のイサキ・・・?

あれ?
続きませんね(・・?..)?

しばらく沈黙します。

30分くらいたってようやくKさんのウキが入ります。
それを横目で見ながらゆっくり餌を動かすと・・・スッとウキが入ります♪

でもやっぱり、後が続きません。
そんなことを何度か繰り返して何とか4~5匹ゲットしたところで、
試にインブライトを軽量の赤丸セイゴ14号にして夜光玉を外しました。

う~ん (;^_^A
インブライトのままのKさんと釣れ方に違いはなく、パラッと釣れてしばらく沈黙を繰り返します。
掛かるイサキはハリを呑みこんでいるのでやる気は満々のようですが、
回遊してる数そのものが少ないようです。

開始が20時過ぎだったのでコマセの効きが悪いのか・・・
水温が下がったせいで浅場から移動してしまったのか・・・

いやいや、今日の狙いはイサキじゃない・・・ハズ (;^_^A まずは高級なアジを狙わなくてはっ!
潮がかなり引いているので、浅いポイントがさらに浅いと判断。
棚を上げ、ハリスを長くとり、軽量の赤丸セイゴを安定して浮かせるために夜光フロートを装着しました。

そして3型から今回の対策として、軽量&浅棚専用としてKさんが使用しているカゴをパクった、オモリが交換できる3型風を投入しました。

このカゴは前の記事で紹介したタイプの軽量版で、棚に届く前に付けエサが出てしまうことを逆手にとって、表層から縦にコマセを撒くことでフカセに近いカゴ釣りをイメージしています。

実際、見ていると魚が上ずっているときは着水後、棚に届く前にウキが馴染まないでそのまま沈むこともあり、魚の居る場所が実は予想よりかなり浅いところに居ることがわかります。

水深の深い場所では不利になることでも、水深が浅い場所ならその日の正解をいち早く見つけるための優れたカゴになるんですよね。

なんだかんだで手を打っていますが・・・
いまだイサキしか釣れていませんΣ(´Д`ll
しかも小振りだし
カゴもしばらく3型風を使いましたが、構造上回収が結構重いので通常の3型に戻しました。
改良の余地ありですね。

潮が下げいっぱいになったころ待望のそれらしい引きのアタリがありました Σ(・o・;)

最初のダッシュはいい感じです♪

巻き上げの中間では『魚、付いてる?』というぐらい軽くなります。

さぁ、後は手前でもうひと暴れあれば・・・

あれ?
横に走った~(´・ω・|||)

せっかく驚かそうと、周りに黙ってやり取りしてたのに
サバでしたε-(;ーωーA
しかも先週より一回り小さいです。

デカければ嬉しいんですが・・・
先週のサバは味噌煮にしたらかなり美味しくてなかなかでしたよ。

でも、この時間にサバが出たということは・・・
先週とパターンは同じです。そろそろじゃないですか?( ´艸`)

打ち返すペースを上げてこまめにコマセを効かせます。

ですが、掛かるのはイサキのみ・・・
サバもサイズUPを期待したのですが、すぐにいなくなってしまいました。代わりにかかったのは25㎝ほどのムツでした。

その後も高級アジは姿を見せないまま時間が過ぎます。

途中、朝5時過ぎから仕事だったせいもあり睡魔に襲われ、夜食のあと15分の急速充電をして復活ですw

2時過ぎくらいからようやく、イサキの群れが入ってきたようで何とか30㎝越えが混じるようになってきました。

この日はAM5:30ごろから雨雲がかかる予報だったのでAM5:00に終了しました。
しかも、AM9:00には本業で来客、お昼からは富士宮に仕事があったので急いで帰宅しました。
日曜も仕事ですがペースを落として、合間を見て釣った魚をさばいたりしてましたが・・・まぁヘトヘトでした (;^_^A

まぁ~
毎週ダブルヘッダーからの翌日仕事をこなしているゆーきさんはホントにタフですねw

そろそろ、イサキも干物のストックもできたことですし来週からはデカアジを狙っていきましょうかね(*`・ω・)ゞ

昨日は先週釣ったイサキの残ったサクを唐揚にしてお酒のつまみで頂きました。
静岡の地酒はやっぱり辛口が多いですね~
富士正は精米度も低く芳醇とのことだったので期待したのですがやはりピリッとした辛口でした。
でも、戸田塩で頂くととても甘口になり飲みやすくなるので県内のお酒の中では飲みやすい方かもしれません。
来月は限定の上善のにごり酒が届きます(๑´ڡ`๑)

最近は旅行に行けないので日本酒で全国を巡っていますww

今回の釣行データ

釣果


イサキ25~34㎝×20匹
ゴマサバたぶん35㎝くらい×1匹

使用タックル

カゴ仕掛け

竿:ダイワ 剛徹4-53B

リール:Abu Garcia REVO BIGSHOOTER WM60

ウキ:自作シンプルLEDウキΦ20mm 6-8号羽根Mサイズ

カゴ:3型国産夜光イレクター夜光仕様(オモリ1オンス約8号)
天秤:シンプル天秤2WAYタイプ・クッションゴム1.5mm30㎝
ハリス:フロロ3号3m→4号3m
東レインターナショナル(TORAY) トヨフロン プレミアム 船ハリス 100m
ハリ:インブライト11号→赤丸セイゴ14号
装飾:フロートマダイ夜光玉ピンクS→装飾なし→フロートマダイ夜光玉ピンクS
付けエサ:Gクリル遠投LL
コマセ:三陸産アミエビ+夜釣りパワー白⇒プラスオキアミのザク切り

Webからお問い合わせいただいたお客様へお知らせ

ホームページのお問い合わせページからお見積もり依頼やご注文、お問い合わせを頂いたお客様で
48時間経っても返信が無い場合は再度ご連絡いただくか、迷惑メールのフォルダに振り分けられていないか受信設定をご確認ください。
また、スマホやタブレットのメアドからお問い合わせの場合、viva_hobby@yahoo.co.jpを受信できるようフィルター設定をお願い致します。

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2
にほんブログ村

マイ・オークションをごらんください↑↑自作コマセカゴのヤフオクからのご購入はこちら↑↑

 - 3型コマセカゴ, イサキ, シマアジ, 地磯, 投稿記事一覧, 釣果情報