連休明けの大堤防

   

週末にうずわ味噌を頼まれたので
今朝、仕事の前に大堤防にマルソウダを釣りに行ってきました。

連休明けでしかも小雨が降る中では
5時に着いても駐車場は空いてるところが目立っていました。

堤防上は左に人が多く、右はだいぶ空いていました。
とりあえず空いてる右側に釣り座を構えます。

小雨交じりで暗いせいか周囲ではまだ上がっている様子はありません。
こんな時は、2型ケイムラ12号(オプション;イレクターケイムラ塗装)を使ってチョイ投げで様子を見ます。
今日は潮の動きもそこそこですしあまり深くする予定はないので15号ではなく12号で楽をさせてもらいますw

1投目は潮の流れとエサ取りの様子を確認するために早々に回収して2投目から本格スタートです。

・・・おっウキが入りました♪
ソウダだと良いな~と期待したのですが・・・この引きはッΣ(゚口゚;
剛徹4-57が良い曲がりをしています。
それにしても下に向かって突っ込みますね(・・?..)?
しかもグングンと叩くんです・・・
あれ?シイラじゃないの??
残り30mぐらいのところで水面を反転した姿が見えました・・・

ガッカリ(´・ω・|||)
やっぱりシイラでした。
80㎝近いので抜けないですね・・・
タモを準備してなかったので最後は上手くハリが外れてくれて助かりましたε-(´∀`; )

しかし、ここからシイラの入れ食いが始まり、7~8本を過ぎたあたりから左腕がパンパンになってきます (;^_^A

数釣れるので、今課題の離島のモンスター対策でポンピングをしない巻き取りの練習をしてみたのですが・・・
80㎝位のシイラの引きだとWM60で難なく巻けてしまうのでちょっと物足りなさを感じてしまいましたε~( ̄、 ̄;)

一人で入れ食いをしているので周りの人からひっきりなしに棚を聞かれます。

周りの皆さんに棚を正直に伝えているのですが・・・
やっぱり掛かるのは自分ばかりなんですよね。
これがもしかして青物に対してのケイムラ効果なのかもしれません。

う~ん、それにしてもマルが全然姿を現しません・・・
短時間釣行なのでサイズは妥協しても数がほしいので浅棚にしましたがオールシイラ (´;ω;`)
シイラを狙っている周りの方は浅棚に揃っているので、その下にいるであろうソウダを探して深棚にしてみます。

深棚にして2投目にようやく良型マルが来ました。
そこからしばらくはマルが連続で掛かり目標の10本を目指しますが・・・

5本目を過ぎたところで、キャストした時にカゴが潜行中にウキが怪しい動きをするようになりました Σ(・o・;)
激しくバタついて沈んでみたり・・・パタンと横になってしまったりと仕掛けが馴染む前とは思えない動きです。

疑問に思ってすぐに仕掛けを回収すると・・・
水面を移動してるカゴに複数のシイラがアタックしてくるではないですかΣ(゚口゚;
おそらく潜行中のカゴを直接咥えているようです(´・ω・|||)

いくら青物に好アピールとは言えカゴを直接狙われるのはいただけませんね (;^_^A
ここまでシイラが高活性だとちょっと厄介なので2型ブラックに交換しますが・・・
残念ながら深棚にもシイラがはびこってしまいどうにもならないため8時に納竿としました。

それから、シイラと一緒に高切れしたウキとカゴの仕掛け一式が釣れましたww

この手のウキとカゴは使わないので7/22(月)以降に2型または3型のカゴをご注文を頂いたお客様(ヤフオクは除きます)で欲しい方がいらっしゃいましたら差し上げます。

今回の釣行データ

釣果


シイラ×1お持ち帰りリリースは10匹以上すべて70~90㎝でした。
マルソウダ×5

そうそう、静浦のマルソウダにはアニサキスは居ませんでした(ノ´▽`)ノ

使用タックル

カゴ仕掛け(全遊動セッティング)

竿:ダイワ 剛徹4-57B
リール:Abu Garcia REVO BIGSHOOTER WM60
ウキ:シンプル遠投用LED電気ウキL羽根Φ25mm12号

カゴ:2型ケイムラ12号+イレクターケイムラ塗装2型ブラック12号
天秤:シンプル天秤2WAYタイプ・クッションゴム1.5mm30㎝
ミチイト:Laiglon・フロート6号
ハリス:フロロ 4号2m~4.5m
東レインターナショナル(TORAY) トヨフロン プレミアム 船ハリス 100m
ハリ:タイガーバリ金丸セイゴ14号+UV夜光レジン加工
装飾:
付けエサ:クリルG3L
コマセ:アミエビ500g+夜釣りパワー白

 - 2型コマセカゴ, シイラ, マルソウダ, 堤防, 青物