大人の遠足で伊豆大島に行ってきました♪パート2補足

      2017/06/25

浅目のポイントでは要注意です

そうそう、遠投が必要だからと言ってあまりカゴを重くすると
釣果に影響が出てしまうかもしれませんよ。

特に水深があまり深くないポイントでは重いカゴを何度も打ち返すことで
着水時の衝撃音で魚を散らしてるかもしれません。
また、極端に重いカゴでなくても何人も同じところへ打ち返すことで
やはり同じようなことが起きるかもしれません。

そんな時は事前に食わせる場所を打ち合わせしておいて、
少し離れた潮上から順番に仕掛けを打ち込むようにすればある程度回避できるかもしれません。

潮の流れによってステン一発カゴやイレクターでドカッと撒いたほうが良いかもしれませんし、ロケットカゴでパラパラ撒いた方が良い場合もありますから
状況によって変え、ハリスの長さやハリの重さでさらに調整してコマセと同調させるのが良いかもしれませんね。
些細なことかもしれませんが、小場な釣り場では重要かもしれません。

NCM_7987-2
にほんブログ村

マイ・オークションをごらんください

↑↑自作コマセカゴのご購入はこちら↑↑

 - ゴロタ, サーフ, 地磯, 堤防, 投稿記事一覧, 沖磯, 自作カゴの便利な使い方, 離島