国産夜光やブラックロケットの穴位置の使い方

      2017/03/22

コマセ穴の形状が変わったので・・・

国産夜光とブラックのコマセ投入口の形状が変わった関係で
コマセの放出穴の位置が変わりコマセの出方が若干変わっているのでご紹介します。

旧国産夜光や旧ブラック、現行の外国産夜光やケイムラロケットは
アミコマセ用の穴位置とオキアミコマセ用の穴位置の2種類です。
dscf2644
アミコマセはもちろん、2L以下のオキアミもゆっくりパラパラ撒きが可能です。
dscf2645
オキアミがメインのコマセの時はこの穴位置を使うことで目詰まりを少なくします。

現行の国産夜光とブラックは3通りの使い方が可能になっています。

dscf2641
この位置ですと放出穴は小さい穴が4つだけになりますのでより時間をかけてゆっくりとパラパラ撒きが可能です。
2Lオキアミまでこの位置で放出可能です。

dscf2640
オキアミメインのコマセを使うときはこの位置を使うことでスムーズなパラパラ撒きが可能です。

dscf2638
食い気が立っていてコマセを瞬時に利かせたいときに使います。

穴位置以外にもコマセの配合やハリスの長さ・ハリの重さを工夫してその日の当たりパターンを見つけてください。

ご購入の際に添付している取扱い説明書も更新いたしました。

それから、明日発送の3型をご注文いただきましたお客様方には3型の説明書が間に合わなかったので
不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2
にほんブログ村

マイ・オークションをごらんください

↑↑自作コマセカゴのご購入はこちら↑↑

 - 投稿記事一覧, 日記帳, 自作カゴの便利な使い方