18リットルの発泡クーラーが・・・

      2019/03/17

先日の釣行で、背負子を下した時に丁度岩の出っ張りが有る場所におろしてしまい発泡クーラーの底が割れてしまいました (´;ω;`)

やはり地磯や浜など移動距離が長い場合は重いクーラーよりも軽い発泡クーラーがとても助かります。

夏場の釣行は30リットルの発泡クーラー(右)を使いますが、この時期は18リットルの発泡クーラー(左)でも充分役目を果たします。
本当は25リットルぐらいのがほしいのですがうちの近所では見つけられませんでした (;^_^A

ただ、そのままで使うと釣り場までの道のりで岩壁にこすり付けてしまったり、岩肌で穴をあけてしまうこともしばしばです。なのでアルミテープで表面を補強します。

使うアイテムをすべてそろえて全部でだいたい3000円くらいです。



アルミテープを使うことで断熱性を高める効果も期待します。
安い紙タイプのモノよりファイバーの入ったもののほうが濡れても強度が落ちません。

まずは本体底側に補強+地面からの熱を遮断するためにスチロールタイプの板を張ります。
プラダンや厚手のアルミ断熱シートでもOKです。

クーラーの底面の大きさに合わせてカットします。

後はアルミテープを順番に貼っていき・・・

角の部分は補強で2重に貼ったりしていると・・・


20mのアルミテープがちょうど終わります。

さて、これで3年は使えますね♪

Webからお問い合わせいただいたお客様へお知らせ

ホームページのお問い合わせページからお見積もり依頼やご注文、お問い合わせを頂いたお客様で
48時間経っても返信が無い場合は再度ご連絡いただくか、迷惑メールのフォルダに振り分けられていないか受信設定をご確認ください。
また、スマホやタブレットのメアドからお問い合わせの場合、viva_hobby@yahoo.co.jpを受信できるようフィルター設定をお願い致します。

記事を読んだらぽちっと!お願いしま~すm(_ _)m

NCM_7987-2
にほんブログ村

↑↑ヤフオク自作コマセカゴのご購入はこちら↑↑
直接購入でしたらお問い合わせからお見積もり依頼をお願いしますm(_ _)m

2019年釣果集計

マアジ×24
イサキ×7
ゴマサバ×8
タチウオ×11
マダイ×2
メイチダイ×1

 - NEWS, カゴ釣り・その他の釣りのノウハウ, 投稿記事一覧, 釣った魚を美味しくいただきます。